BLOG

2020-06-22
BILEGOトリートメントで「ねじれ髪」を自然なストレートへ|縮毛矯正千葉
2020-06-22

こんにちは!artの太田です!

 

前回は縮毛矯正について書いたので、今回はねじれ髪について書いてきます。

 

ねじれ髪をきちんと前処理して縮毛矯正してあげないとダメージや切れ毛、髪の硬化の原因になってしまいます!

 

まずねじれ髪とは?

 

 

捻転毛と言われる形状になります。

 

しかしくせ毛も一人一人違います!

 

癖の形状がミックスされてたり、部分的に髪質(癖の質)が違ったりします。

 

ダメージの蓄積や年齢、元々のくせ毛など要因は様々です。

 

一般的な1剤つけてアイロンして2剤つけて終わりの縮毛矯正ですと

 

髪のねじれが取りきれてない状態で無理矢理アイロンで伸ばしてしまう事になってしまいます。

 

それ自体もダメージの原因にもなりますし、髪がねじれてる事により

 

トリートメントの吸収の妨げ、更に物理ダメージに弱い毛質にもなってしまいます。

 

当店の(BIKAKUストレート)には(BILEGOトリートメント)と同時並行して行うので、より自然な髪質に近づけてます!

 

簡単に説明します!

 

 

硬くねじれた髪を柔軟剤のように緩めながら、ダメージホールを埋めて補修するマルチトリートメント。

 

熱を加えることで補修効果が高まり、髪内部から艶を呼び戻します。

 

 

キューティクルを均一に整え、栄養を吸着する、関節接着剤。

 

髪の内部を補修、補充したものの流出を抑制させるため、傷んだキューティクルを補修し、強度を高めます。

 

手入れのしやすい、持続性を高める下地を作ります。

 

 

髪や頭皮の残留酸化物を分解し、頭皮をすこやかに保つ、スキャルプケア効果を備えた中間・後処理剤。

 

毛髪保護成分が髪のゴワつきを抑えながら、強度を与え、カラーやパーマの持続性を高めます。

 

 

4種類の酸を独自配合した、前処理から中間・後処理まで使用できる酸リンス。

 

残留アルカリを中和し、やさしく髪を引締めながら、キューティクルを補修することで、つるっとした質感へ導きます。

 

この4種類の処理剤を使う事により

 

しなやかなしっかりとした髪質に近づける事が出来ます!

 

そして「ねじれ」の無い綺麗なストレートはツヤ感が違います。

 

是非、縮毛矯正のダメージを気にされてる方には当店の(BIKAKU)と(BILEGO)のトリートメント矯正をオススメします!

 

 

 

 

 

 

 


 
 

LINEに友達追加してもらえるとお得なポイントカードが発行されます

友だち追加

HAIR STUDIO art(ヘアスタジオアート)

~迎えに来てくれるヘアサロンart~

千葉市中央区新町17-12初芝ビル2F

TEL 043-306-2878